FC2ブログ
春ですねぇ~^^

良い季節になって来ました。
春と言えばお花見と想像される方がほとんどでしょうが、
私の場合は盛りの春。
この時期無性にムラムラとしまして、オナニーに励んでおりますw
勿論普通のオナニーと尿道オナニーの併用ですw
皆さんもどんどん尿道オナニーに励んで、尿道を開発しましょう^^

と前置きはこれくらいとしまして、今回は拡張に付いて少し・・・

よく掲示板やツイッターなどでも見かけますが、消毒の方法とか、
何を使えばとか、そんな事柄と同じくらい、拡張の方法に付いても
よ~く語られてますね。

私個人宛にもよくそんなメールが来ますが、皆さん苦労されてるようで、
どうしたものかと考える事もあります。

mp15045.jpg

この尿道の拡張に付いても、ずっと私がここで語っているように、
絶対という答えは有りません。
どんな方法であろうと、拡張する人はしてしまうんです。
道具とか方法とかではなく、するかしないかの問題です。

ようするに、やる気の問題って事です。

ここでまた私の過去を語りますが、私が始めたのは約40年前で、
その頃は何の知識も有りませんし、尿道プレイとか言う言葉すら
無かった時代です。
私の年代以上でその頃からされてた方ならわかると思います。
私は普通にオナニーしてる時に、何となく先っぽの穴が気になり、
ここを弄ったらどんな気持ちなんだろうと、母親のヘアピンの
お尻の丸い方をそっと差し込んだのが始まりでした。
今ならネットで皆さんが語られてますし、検索すればそんなサイトは
いくらでも見る事が出来ますね。
でもその当時は尿道オナニーとかもわからない時代でしたので、
どうやって・・・とか、聞く事も当然出来ませんし、悪い事なのかなと、
ただそれだけでした。
沁みるような痛いような、でも何となく感じるような・・・
でも決して良い事では無いんだろうなと、やった後に思うだけで、
しばらくは止めていても、またやってみようと言う欲望に駆られ、
再び弄ってみたり・・・
現在のように尿道オナニーというカテゴリーが存在するのなら、
道具や知識も得る事が出来、色々楽しめたのでしょうが、
その頃は何も・・・
ですから頻繁にはやってませんでしたが、痛みが癒えると・・・^^;
そんな感じで尿道オナニーを覚え、こそこそとやってた次第です。

mp15046.jpg

なので拡張だの、快楽を得るだの、そんな感じでは無かったですね。
こんな事やってはいけないんだと言う気持ちを持ちながらも、
欲望のままに・・・

ただやって行くうちに快感を得る事も出来、ヘアピンだけでは
何となく・・・
短いし細いので、もっと奥まで何かをと、家の中を物色して、
母が使ってた編み物のカギ針のお尻の丸い方を入れてみたり・・・
カギ針ならお尻は丸いし、そこそこの長さもあるので、
これは随分とお世話になりましたw

それからしばらくはそれくらいの物で遊んでいたのですが、
また欲も出てくるわけで・・・^^;
そして次に見つけたのが、ガラスの体温計でした。
掲示板等でよく危険だと言われてるアレですね^^
先っぽが丸くて、次第に広がっていく形状に一目惚れしまして、
尿道口にあてがって押し込もうとしたのですが、これが・・・
体温計の太くなって行くところの途中から全く入らなかったのです。
無理に押し込もうとすれば割れて危険ですので、無理も出来ませんし、
有る一定のところから押し込もうとすれば、かなり痛みも有りまして、
そこでとりあえずは断念しました。
ですが全く諦めたわけではなく、また体温計を取り出し、
徐々に押し込んでみましたが、やはり無理。
それを繰り返し繰り返しの日々を送りました。
常に拡張とは考えておらず、入る物で尿道オナニーをする方が、
明らかに多かったです。
現在のようにネットで色々見れる時代ではないので、拡張を目的として
尿道オナニーもしてませんから、進むわけも有りません。
しばらく経ってから、また体温計を取り出して・・・と、そんな事でしたが、
ある時メリメリと広がるような気がしたかと思うと、ヌルッといった感じで、
体温計の太い所まで入り、ズブズブと押し込むとそのまま入りました。
ですがかなり痛かったです。
チリチリとした痛みで、尿道が裂けるのでは無いかと思いました。
あまりの痛さで我慢出来ず直ぐに抜きました。
しばらくはおしっこをする度に、飛び上がるような痛みも・・・
痛みが癒えるまでは出来ませんでしたが、癒えたらまた体温計で
遊んでました。

mp15047.jpg

これが私の尿道拡張の第一弾だったかと思います。

それからは快楽だけで遊んでましたが、もっと太い物をと言う欲も出て、
何か見つけては広げるようにしてました。

皆さん10mmの壁、とよく言いますが、確かにそれは有りました。
尿道に入って直ぐの節がなかなか広がりません。
広げようとすればかなり痛みますし、無理をすれば腫れも出て、
しばらくは細いものでも入り難くなったり・・・

こんな経験をされた方は多いと思います。

メリメリと裂けるような感じがして、かなりの痛みですね。
それでも拡張したい・・・という気持ちを強くお持ちの方でしたら、
ここで諦めたりはしないでしょう。
激しい痛みですが、痛みが癒えると再び・・・
それの繰り返しだと思います。

痛かろうがなんだろうが、もっと・・・と言う気持ちだけで痛みに耐え、
成人してからは10mmにもなってました。

それからは拡張とか全く考えず、尿道全体の快楽や前立腺や
導尿などに嵌まってまして、次に拡張を考えたのは、
ネットを始めるようになってから、海外のサイトで尿道プレイと言う
カテゴリーのグループを見つけ、ブジーなどで拡張してる人を見て、
自分ももっと・・・と言う気持ちを持ってからでした。

mp15048.jpg

それが今から15年前くらいですね。
海外ではブジーや尿道プラグなどを使ってる人も結構多く、
自分の指を挿入してる人の画像を見て感動しました。
そこで初めてブジーなど使えば広げる事が出来る事を知りました。
ですがその頃はまだそんなもの売ってませんでしたし、輸入にしても
税金や送料などバカみたいに高くて、おまけに注文してからも
半年待ちなんて当たり前の時代でした。
ですからやはり何か見つけては使うしか無かったわけで、
ホームセンターに行けば使えそうな物を物色して、
拡張をしてました。
そんなサイトで留置型のプラグを見て、留置するのも手かなと思い、
留置出来る物を考え、おゆまるを使ってプラグを作ったわけです。
掲示板で一時おゆまるが話題になりましたが、おゆまるを使ったのは
私が初めてです^^
私が使ってるのを聞きつけた人達が、掲示板等で話題にしたわけです。

ようやく拡張と言う事も知りまして、そこからは本気で拡張をし、
留置したりする方法で広げたりしました。

とりあえず何かで広げて行き、限界まで入ったところで、おゆまるで
無理の無いサイズの物を作って挿入して留置をしてました。
朝挿入して夜お風呂に入るまで入れっ放しにしたりもしてました。
穴開きで作っていたので、おしっこもそのまましてました。
この留置の効果はかなりだと思います。
痛みも無い無理の無いサイズの物を出来るだけ長時間留置し、
そのサイズの物が平気で入れられるようになればまた少し太くして、
また留置をして・・・
それの繰り返しで拡張してると、ついに自分の小指の第一関節が
入るようになりました。
そのまま続けて行った結果、14mmのブジーが入るようになりました。

mp15049.jpg

ただ経験者の方も多いと思いますが、しばらく拡張を怠ると、
少しですがリバウンドしてしまうんですね。
私も何度かこのリバウンドを経験しました。
ですから短期間で拡張を・・・と思うなら、出来るだけ間隔を開けずに、
留置をする方が宜しいかと思います。

今現在13mmに戻ってます^^;
ここ数年拡張をしていないので、少しリバウンドしましたね^^;

これからどうするか・・・と思うのですが、拡張するか快楽を追及するか、
悩むところですねぇ~^^

と、私の話しが長くなりましたが、方法とか道具とか悩むでしょうが、
ようするにやるかやらないかです。
痛いから・・・と思うのであれば止めればいい事です。
他人にそんな事を聞いてどうこう考えるなら、拡張を考えるより、
快楽を追求した方が良いかも知れません。

拡張されてる方々は皆さんそれを乗り越えて来てるだけです。
書いてある事を考えるのは良い事ですが、自分で考えもせず、
他人の意見で判断すると言うのは、少しおかしいかなと思いますよ。

とても厳しい話ですけどね^^;

まあ、経験上で言えば、上で述べたように無理の無いサイズで、
出来るだけ間隔を空けず、そのサイズが問題なく入るようになって、
また更にサイズアップ。
これが理想なのかなと思います。
その場合道具としてはブジーセットが良いと思います。
1mm刻みで揃ってますので、これはかなり使えると思います。
よく広げたら細いものは用無しになると目にしますが、
私はそうでも無いと思ってます。
細いものでも遊び方によっては色々使えますよ^^
決して高い買い物でも有りません。

これは私の意見ですが、世の中色んな経験をされてる方も居ます。
色んな意見も有るかと思います。
ですからどんな方法を取るのかは、やはりご自身で決める事かと、
そう思いますね。

皆さん自分なりに工夫してみて下さい^^

長くなりましたが、今回は拡張に付いて語ってみました。
次回は尿道プレイに付いての総集編でも・・・と思います。

また記事に付いてご意見やご質問など御座いましたら、
遠慮なくメッセを入れて下さい。
即答は出来無い事も御座いますが、お返事は必ず致します。

それでは、また次回。


私maleupの出演した新作DVD「尿道奴隷vs肛門奴隷。
SMグッズのエピキュリアンにて販売中!

詳細は下記バナーをクリック





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

04/08|尿道プレイ【peehole play】コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
Re: タイトルなし
>ミッキー さん

読んで頂きありがたく思います。

人それぞれ色んな経験をお持ちかと思います。
そして色んな楽しみ方をして、快楽に浸りここまで・・・^^

これからも良い出会いをして、良い遊びを続けて下さい^^

期待してます^^v

From: maleup * 2015/04/11 11:04 * URL * [Edit] *  top↑
UPさんご無沙汰しております。

尿道プレイに付いて・・・その4読んで
感激しました。

尿道プレイヤーは同じですね、私の尿道
プレイの目覚めは少し違いますが、拡張
過程は同じです。

私が目覚めたのは、大学時代付き合った
看護学生の影響です。

彼女は中学校卒業で看護学校に入ったと
言っていましたから、16歳か17歳だったと思います。

小学校低学年から尿道拡張に目覚め、お父様のゴルフ道具からディーを探し、尿道
拡張していたそうです。

当時のティーは木製だと思いますが、よく
細菌感染起こさなかったと不思議です。

私と付き合った頃には、彼女自身の中指は
尿道に簡単に入るほど拡張されておりました。

ずいぶん古い話ですが、その後付き合った
女性の中にも尿道拡張マニアはおりました。

やはり、一度尿道快感味わった人はやめら
れと無いと思いますよ。
From: ミッキー * 2015/04/09 00:42 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

maleup

Author:maleup
ニックネーム
maleup

尿道プレイ歴
厨房のころから、30年余り

母のヘアピンを何気に挿入したところ
から始まりで、
その後体温計やマドラー等を挿入。

カテーテルでの導尿や液体注入と
一通り経験。

二十歳の頃には1cmくらいに拡張。

その後も自慰行為を続けて、
数年前より本格的に拡張を始める。

現在はステンレスやチタン等で
サウンド(ブジー)や尿道プラグを
自作してプレイを。

拡張も現在は14mmに。

今後も尿道プレイグッズを色々と
作る予定。
*************
自作の尿道プレイグッズは
【エピキュリアン】様でも
紹介及び販売されております。
*************
画像の無断転載は
お断りいたします。

第7回オフラインミーティングに関するアンケート
オフラインミーティングに関するアンケートです 参加希望の方のみご回答下さい。冷やかしはお断り致します。記入内容は正確にお願いします。メールアドレスなど必ず返信が受け取れるアドレスを記入してください。返信する場合も御座いますので、パソコンからのメールを受け取れるよう設定して下さい。俺様的な発言や上から目線の発言などは破棄します。
18才未満の閲覧は禁止です
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
LINK
自作グッズの紹介
Vol.1  ~´10までのグッズの紹介
リンク:blog link
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに」参加してます。 よろしければ足跡ついでに ♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のトラックバック
【E-MAIL】 メールフォーム
問い合わせその他メッセージ等は、こちらにお願いします。

【name】名前:
【address】メールアドレス:
【title】件名:
【text】本文:

RSSフィード
ブロとも

■ ブログ名:痴女のストッキング =無料痴女動画=

■ ブログ名:被虐射精少女

■ ブログ名:Fetishi-SM 椿

■ ブログ名:True Image

■ ブログ名:Agape
ブロとも申請フォーム
アダルトサイト その他
ブログ内検索
QRコード
QRコード